パーマオフについて

MENU

パーマオフについて

美容室のメニューに、パーマがある事は知っている人も多いでしょう。
 
パーマをかける事で、カットだけでは出せない、
髪の動きやボリューム、また大きくイメージを変える事が可能です。

 

しかしパーマをかけたけれど、失敗してしまった。
自分がイメージしている仕上がりではない。
かけたパーマを落としたい。そう思う事もあるでしょう。

 

あまり美容室のメニューで見かける事はありませんが、
パーマオフといってかけたパーマを落とす方法があります。

 

ですが、ここで覚えておいて欲しい事は、
パーマをかける前の状態に髪を戻す事は出来ないという事です。

 

もちろん、パーマを落とし、ストレートパーマを当てる事で、
サラサラな状態の髪になる事は出来ます。

 

しかしそれは、一度かけたパーマのダメージと、
そして新たにかけたストレートパーマのダメージ。
その2つのダメージが髪には残ってしまうという事をしっかり理解し、
ダメージケアに努めましょう。

 

ちなみにパーマ落としの場合は、
ストレートパーマをかける事が一般的ですが、そうではないケースもあります。

 

それは地毛がクセ毛で、クセ毛が目立たないようにパーマをかけた場合です。
この場合は、ストレートパーマではなく、
縮毛矯正をかけ直すという選択肢もあります。

 

パーマオフは、髪に大きなダメージを与えてしまう方法です。
ですから、極力ダメージを抑えるために、
経験値とスキルが高い、腕のいい美容師にパーマオフはしてもらいましょう。

 

そして、パーマオフをしないといけない状況に陥らないように、
パーマをかける時には、美容師にしっかり相談する事。
自分に似合うかどうか、周囲の意見を聞いてみたり、
パーマのかかったウィッグをつけてみるなど、リサーチしてみましょう。